OpenID Foundation Japan - 翻訳・教育 Working Group

OpenID Foundation Japan 翻訳・教育 Working Group は、OpenID Foundation Japan 参加メンバーを中心に、有志により運営されています。現在は主に OpenID & OAuth 関連仕様書の翻訳活動を行っています。

翻訳ドキュメント一覧

OpenID Authentication 2.0 - 最終版

OpenID 認証は、エンドユーザが識別子 (Identifier) を管理していることを証明する方法を提供するものである。OpenID 認証を利用すれば、リライングパーティー (Relying Party、以下 RP) はエンドユーザのパスワードやメールアドレスなどにアクセスする必要がなくなる。 続きを読む

OpenID Attribute Exchange 1.0 - 最終

OpenID Attribute Exchange は、エンドポイント間で属性情報を交換するための OpenID の拡張仕様である。ユーザーの属性情報を更新または取得するためのメッセージを提供する。 続きを読む

OpenID Simple Registration Extension 1.0

OpenID Simple Registation は、OpenID 認証プロトコル (Authentication protocol) の拡張仕様のひとつであり、非常に軽量なプロファイル交換を実現するものである。 続きを読む

The OAuth 1.0 Protocol - draft-hammer-oauth-10

OAuth は、リソースオーナー (別のクライアントやエンドユーザー) に代わって、サーバーリソースにアクセスするための方法を、クライアントに提供するものである。また、リダイレクトを利用することで、エンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを共有することなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができる。 続きを読む

The OAuth 1.0 Protocol - RFC 5849

OAuth は、リソースオーナー (別のクライアントやエンドユーザー) に代わって、サーバーリソースにアクセスするための方法を、クライアントに提供するものである。また、リダイレクトを利用することで、エンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを共有することなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができる。 続きを読む

The OAuth 2.0 Protocol - draft-ietf-oauth-v2-10

これはOAuth 2.0プロトコルの仕様書である. 続きを読む

The OAuth 2.0 Authorization Protocol - draft-ietf-oauth-v2-22

OAuth 2.0 は, サードパーティーアプリケーションがHTTPで提供されるサービスとリソースオーナー間に同意の調整を行うか, もしくはサードパーティーアプリケーション自身のためにアクセスすることを自ら許可することによって, サービスへの限定されたアクセス権を得ることを可能にする認可プロトコルである. 続きを読む

The OAuth 2.0 Authorization Protocol: Bearer Tokens - draft-ietf-oauth-v2-bearer-11

この仕様書は, OAuth 2.0の保護リソースへアクセスするために, 署名無しトークンをHTTPリクエスト中でどのように利用するか記述したものである. 続きを読む

The OAuth 2.0 Authorization Protocol - RFC 6749

OAuth 2.0 は, サードパーティーアプリケーションによるHTTPサービスへの限定的なアクセスを可能にする認可フレームワークである. 続きを読む

The OAuth 2.0 Authorization Framework: Bearer Token Usage - RFC 6750

この仕様書は, OAuth 2.0の保護リソースへアクセスするために, 署名無しトークンをHTTPリクエスト中でどのように利用するか記述したものである. 続きを読む

OAuth 2.0 Threat Model and Security Considerations - RFC 6819

本ドキュメントでは, OAuth 2.0仕様が定めるSecurity Considerationsの範囲を超え, OAuth 2.0プロトコルに関する包括的脅威モデルを基に, さらなるセキュリティ上の検討項目を示す. 続きを読む

Use Cases and Requirements for JSON Object Signing and Encryption (JOSE) - draft-ietf-jose-use-cases-03

多くのインターネット上のアプリケーションは, ネットワークレイヤーやトランスポートレイヤーでのセキュリティメカニズムに加えて, オブジェクトベースのセキュリティメカニズムを必要とする. かつては Cryptographic Message Syntax (CMS) が ASN.1 に基づいたバイナリレベルでのセキュアオブジェクトフォーマットを提供していた. しかしながら時代の変化とともに ASN.1 のようなバイナリオブジェクトエンコーディングは時代遅れとなり, JSON などのテキストベースエンコーディングが主流となった. 本ドキュメントでは, 現在実用化されている様々なアプリケーションレイヤーセキュリティメカニズムをもとに, JSON ベースのセキュアオブジェクトフォーマットの各種ユースケースと要件をまとめる. 続きを読む

JSON Web Token (JWT) - draft-ietf-oauth-json-web-token-11

JSON Web Token (JWT) は2者間でやりとりされるコンパクトで URL-safe なクレームの表現方法である. JWT に含まれるクレームは JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトとしてエンコードされ, JSON Web Signature (JWS) のペイロードや JSON Web Encryption (JWE) の平文として利用される. JWS や JWE とともに用いることで, クレームに対してデジタル署名や MAC を付与と暗号化の両方を行うことが可能となる. 続きを読む

JSON Web Signature (JWS) - draft-ietf-jose-json-web-signature-14

JSON Web Signature (JWS)は, JavaScript Object Notation (JSON)をベースとしたデータ構造を用いて, デジタル署名やMessage Authentication Codes (MACs)により保護されたコンテンツを表現するための手段である. 本仕様で使用する暗号アルゴリズムと識別子はJSON Web Algorithms (JWA) で述べられている. 関連する暗号化の機能は, JSON Web Encryption (JWE) で述べられている. 続きを読む

OpenID Connect Basic Client Implementer's Guide 1.0

OpenID Connect 1.0 は, OAuth 2.0 プロトコルの上にシンプルなアイデンティティレイヤーを付与したものである. このプロトコルは, Client が Authorization Server の認証結果に基づいて End-User のアイデンティティを検証することを可能にする. また同時に End-User の必要最低限のプロフィール情報を, 相互運用可能かつ RESTful な形で取得することも可能にする.

本ドキュメント OpenID Connect Basic Client Implementer's Guide 1.0 は, OpenID Connect Core 1.0 仕様のサブセットであり, OAuth Authorization Code Flow を利用して Web ベースの Relying Party を実装する際に読みやすいように構成されている. 続きを読む

OpenID Connect Implicit Client Implementer's Guide 1.0

OpenID Connect 1.0 は, OAuth 2.0 プロトコルの上にシンプルなアイデンティティレイヤーを付与したものである. このプロトコルは, Client が Authorization Server の認証結果に基づいて End-User のアイデンティティを検証することを可能にする. また同時に End-User の必要最低限のプロフィール情報を, 相互運用可能かつ RESTful な形で取得することも可能にする.

本ドキュメント OpenID Connect Implicit Client Implementer's Guide 1.0 は, OpenID Connect Core 1.0 仕様のサブセットであり, OAuth 2.0 Implicit Flowを利用して Webベースの Relying Party を実装する際に読みやすいように構成されている. 続きを読む

OpenID Connect Core 1.0

OpenID Connect 1.0 は, OAuth 2.0 プロトコルの上にシンプルなアイデンティティレイヤーを付与したものである. このプロトコルは Client が Authorization Server の認証結果に基づいて End-User のアイデンティティを検証可能にする. また同時に End-User の必要最低限のプロフィール情報を, 相互運用可能かつ RESTful な形で取得することも可能にする.

この仕様は, OpenID Connect の主要な機能である OAuth 2.0 上で End-User の情報伝達のためにクレームを用いる認証機能を定義する. この仕様はまた, OpenID Connect を利用するための Security, Privacy Considerations を説明する. 続きを読む

OAuth 2.0 Token Revocation - RFC 7009

このドキュメントは、OAuth 認可サーバのための追加エンドポイントを提案する。 そのエンドポイントは事前に取得されているリフレッシュトークンあるいはアクセストークンが不要になったことを認可サーバへ通知することをクライアントに許可する。 これは認可サーバにセキュリティクレデンシャルを削除させる。 無効化リクエストは実際のトークンと、もし該当するものがあれば同じ認可に基づく他のトークンを無効にする。 続きを読む

JSON Web Key (JWK) - RFC 7517

JSON Web Key (JWK) とは, 暗号鍵を表現するための Javascript Object Notation (JSON) データ構造である. 本仕様では, 複数の JWK のセットである JWK Set JSON データ構造も定義する. 本仕様で用いる暗号アルゴリズムおよびその識別子は, 別途 JSON Web Algorithms (JWA) 仕様に記載されており, JWA 仕様にて IANA レジストリが設立されている. 続きを読む

JSON Web Key (JWK) Thumbprint - RFC 7638

本仕様は JSON Web Key (JWK) のハッシュ値を計算する方法を定める. これには, JWK のどのフィールドをハッシュ計算に使うかや, それらのフィールドの正規化, そして正規化された Unicode 文字列をハッシュ化したバイト列に変換する方法などが含まれる. 生成されたハッシュ値は, JWK の識別のために用いたり, 複数の JWK から適切な JWK を選択する際の手掛かりとして利用できる. 続きを読む

NIST SP 800-63-3 - Digital Authentication Guideline

US 連邦政府関連サービスに対するガイドラインである NIST SP 800-63 の revision 3 です. 現在オリジナルの英語版の方も Public Preview 状態なので, 翻訳版も随時更新予定です. また, まだ全ドキュメントが翻訳完了しているわけではないです. 続きを読む